バリューレンジとブラフレンジ

ハンドレンジとは持ち得るハンドの範囲のことですが、ハンドレンジをさらに細かく分解すると

  • バリューレンジ
  • ブラフレンジ
  • マージナルレンジ

に分けることができます。

3種類のレンジ解説

バリューレンジ、ブラフレンジ、マージナルレンジの3種類の考え方を解説します。

バリューレンジ

バリューレンジとは、ハンドレンジの中でバリューベットをうつことができるレンジのことです。

例えば相手のハンドレンジが上位10.3%の77+, A9s+, KTs+, QTs+, AJo+, KQo、ボードTs9c6sJs3hだとします。

このハンドレンジの場合の総コンボ数は136コンボですが、ボードに出ているカードを除外すると、117コンボになります。

上記のハンドレンジボードで、リバーベットバリューベットとなり得るのはどのようなハンドでしょうか。

2ペア以上ならバリューベットとできるとした場合、バリューレンジは

  • 2ペア:無し
  • セット:TT、JJ、KK(9コンボ)
  • ストレート:KQo, KdQd, KhQh, KcQc(15コンボ)
  • フラッシュ:AsKs, AsQs, KsQs, As9s(4コンボ)

全部で28コンボとなります。

相手が持ち得る117コンボのうち、28コンボ(23.9%)がバリューベットを打つことができるレンジ、ということになります。

ブラフレンジ

ブラフレンジとは、ハンドレンジの中でブラフベットとなり得るレンジのことです。

同じく相手のハンドレンジが77+, A9s+, KTs+, QTs+, AJo+, KQo、ボードTs9c6sJs3hだとします。

リバーベットブラフベットとなり得るのはどのようなハンドでしょうか。

ワンペアはショーダウンバリューがあるため、リバーチェックすると考えた場合、考えられるハンドは

  • AQo+, AdKd, AhKh, AcKc, AdQd, AhQh, AcQc(30コンボ)

上記のみで、コンボ数は30コンボとなります。

相手が持ち得る117コンボのうち、30コンボ(25.6%)がブラフベットを打つことができるレンジ、ということになります。

マージナルレンジ

マージナルレンジとは、ハンドレンジの中で微妙な強さのレンジのことです。

上記のバリューレンジが28コンボ、ブラフレンジが30コンボ、つまりそれ以外は、117-28-30=59コンボとなります。

この59コンボ(50.4%)は、全てワンペアになります。

  • ポケットペア:QQ+, 88-77(30コンボ)
  • その他のワンペア:AJ,KJ,QJ,AT,KT,QT,A9(フラッシュ除くと29コンボ)

合計59コンボとなります。

今回、バリューレンジを2ペア以上、ブラフレンジをハイカード以下、マージナルレンジをその中間(ワンペア)としましたが、もちろんこの条件を変えることでコンボ数は増減します。

例えば、88-77はショーダウンバリューはないため、ブラフレンジに入れる場合や、AA、KKでもバリューベットを打てるのでバリューレンジに含める、という場合です。

この各レンジ同士の境界にあるハンドは、相手によって調整すべきハンドです。

ポラライズ

ポラライズとは両極端という意味で、相手のハンドが、非常に強い(バリューレンジ)かブラフブラフレンジ)かの極端なレンジになっていることを意味します。

例えばフロップTs9c6sターンJsリバー3hとし、全てのストリートでベットしてきた場合、相当強いハンドでバリューベットをしているか、打たないとポットを取れない、つまりブラフであるかの2極化が起こります。なぜなら、ワンペアのような中途半端な強さのハンドの場合、ターンリバーチェックしてショーダウンを目指したほうが合理的な判断となるからです。

今回の例では、リバーベットされた時点で

  • バリューレンジ:28コンボ(48%)
  • ブラフレンジ:30コンボ(52%)

という状況になります。(ポラライズされているので、マージナルレンジは全て除外しています。)

もしあなたのハンドがワンペアだった場合、全てのブラフレンジには勝っているので、勝っている可能性は約52%であると判断できます。よって、ワンペアを持っていれば、オッズ的に考えても、リバーベットにはコール可能です。

コメント 名前とメアドは必須ではありません

Read previous post:
Heads-Up Poker Championship 2013

National Heads-Up Po...

Close
タイトルとURLをコピーしました