1月20日のゴールドカップ

ゴールド9のマンスリートーナメント(ゴールドカップ)に参加していた時のこと。

この日は終盤まで原点前後でぱっとしていなかったけど残り9人のファイナルテーブルでAJoでオールインしてビッグスタックにQ6oでコールしてもらってフロップにQJ落ちるもリバーでJ引いて運良くダブルアップ。

<広告>

人と話しててハンドを見るとQKsが見えたのでオールイン。

するとBBがコール、と思ったらコールしたのUTGだった。あれ、ブラインドの2名しか残ってないと思ってた。

というかUTGはレイズしてた。2000-4000のブラインドでメイク1万にレイズ。

UTGは残り1.5万くらいをサクっと出してとコール。

これはやっちまった。「メイクで1万です」ってディーラーの声が聞こえてた気がしてたのにもかかわらず全然関係ないこと考えててUTGのレイズインにQKsでリレイズオールインしてたおれ・・・。

ショーダウンしたくねぇええええww

そしてUTGから出てきたハンドはAQo。

終わった、はい終わった。最悪のドミネート。

ところがターンでK落ちて勝ってしまう。

なんだか恥ずかしい・・・。

しかしスーパーダサいプレイをしてしまった。オープンレイズはありでもUTGのレイズに被せれるハンドじゃなかった。降ろせるって確信があれば別だけどど本来絶対しないプレイだった。集中しないとこんなミスしちゃうってことですね。

運良くまたダブルアップして、次のBBの時にショートのSBヤマノさんがオールイン。ヤマノさんのスタック1.5万くらいで自分は6万ほど、ハンドを見るとA9s、ヤマノさんはかなりタイトな人だけどこの状況だとオールインハンドレンジは広めのQJ+、KJ、Ax、全てのポケットという感じ、A1枚で突っ込んできてる可能性も大、スタックにも少し余裕がでてきたのでコールできそう。てことでコール。

すると出てきたハンドはA4o

フロップで9ヒット、ターンで4落ちるもそのまま何もおこらずスタックを増やす。残り4人。

3000-6000になり次のSBの時にBTNのトミーさんがレイズメイク1.4万。ハンドを見るとまたもA9o。

んー、ハンド負けてるのかなー。絵札2枚でレイズしてる可能性も高い。A8以下もありえる。勝ってるか負けてるか不明なままSBでジャストコール。BBフォールド。

フロップローカードが並んで自分チェック、トミーさんベット1.2万。

ぬぬ、ベットが小さい。ポットは3.6万ほどなのでポットの33%。こういう時って負けてる場合が多いけど勝ってる可能性もある。悩ましいけどコール。

ターンラグでチェックチェック。

むむ??チェック??打たれてたらきっと降りてた。

リバーA

ターンのチェックは何だったのか。強くて罠にかけているかマージナルハンドでショーダウン目指してのポットコントロールかどちらかか?お互いヒットしてなさそうなボードだし、もしAJ+持ってたらトミーさんならベットしていそうだ。

このAはきっと勝ってる。この時トミーさんのハンドレンジはAと中くらいのキッカー、絵札2枚、ポケットのどれかだと予測。

ということで先にオールイン被せてもコールするだろうか。自分はどう見られてるかが問題で、たぶんおもいっきりAヒットに見えるに違いない。トミーさんはポットコミットぎみだけど降りれる人な気がする。

もしここでチェックすればトミーさんはどうするか、シチュエーション的に99%全部放りこんでくる。ならチェックコールにしよう。

チェックするとトミーさんオールイン。Ax以外であってくれ!と願ってクイックコール。

するとトミーさんJJをショウ。

ナイスリバーA!

トミーさんにターンのチェックはなんだったのか聞いたら

「もっとガジろうと思ってw」

ガじられるとこでしたw

残り3人。

3000-6000のブラインドで次の自分SBの時にUTGのショートが5500のオールイン。

自分SBでハンド46o、BBと二人で殺しにいくつもりでリンプ。BBもチェク。

フロップでガッティ、ターンでナッツストレートに、リバー打ってもよかったけどフロップ開いて大きい声で「チェック!」(チェックでまわしてショート飛ばそうぜ!)と主張していた手前最後もチェック。

ナッツなら打ってもいいんじゃない?って後から言われた。

46ショウするとUTGはQTo。

よーしと思ってたらBBも46oでチョップ。

こんなんあるのww

そんなこんなでヘッズアップに、こちらスタック16万くらい、相手11万くらい。ブラインドは4000-8000。

何度かレイズ⇒ダウンをお互い繰り返して数ハンド目のSB(BTN)でJcKhでレイズメイク1.8万、BBコール。

フロップ5d5c7c

BBチェック自分チェック

ターンKc

BBベット2万

自分はKヒットキッカーJとJハイフラッシュドローを手にした。これは勝ってるだろう。

自分レイズメイクで5万⇒BBかなり考えてコール。

リバー6h

BBチェック⇒自分オールイン。

BBはまた相当考えてコール。

やべぇ・・・

コーられた、これは負けてるのか・・・

JKをショウするとBBは「なーんだ」という感じでA5oをショウ。

こっちがフラッシュ完成かどうか考えて悩んでたんですね。ターンも相手ナイスジャストコール。

ターンのレイズにコールされた時点でチープショーダウン目指すべきだったかなぁ・・・。最後のオールインはやりすぎたと反省。

圧倒的な差がついて次のSBでQh6hでレイズインし、BBにミニマムレイズされ、これにコールすると残り2.1万。捨てる選択肢もあったけどQか6ヒットかフラドロ以上で放り込むつもりでコール。

フロップ4h5c9h

BBオールイン。

こういう時BBならドンクオールインするというファーストブラフのチャンスがあるけどBTNなので先にオールイン要求されるとつらい。でもフラドロついたし気持ちよくコール。

相手AKoをショウ。

プリフロでショート相手にAKでミニマムレイズかー。レイズオールインでよかったような。

そしてターンリバーラグで2位でフィニッシュ。

ここまで引いて勝ってきたけど最後は引けず。

やっぱりJKでオールインがミスプレイだった、というかミスだらけだけど肩で2位に食い込んだゴールドカップでしたw

このカテゴリの他の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す