3月16日のゴールドカップディープスタック

6c

この日は2テーブルでなかなか誰も飛ばない状況が続く。

序盤ザガンからAKsでレイズしSBオオカワさんコール、フロップKQTにオオカワさん先打ちにレイズかぶせるもコールされてターンQ、オオカワさんちょっと少なめのベットにジャストコールリバーラグでチェックチェック、オオカワさんAハイでこちらの勝ち、スタックを増やす。

中盤ザガンからA9sでリンプしてSBオオカワさんとBTN3人でフロップに進みナッツフラドロになるもフロップにはQが2枚。SBオオカワさんからベットが入り自分とBTNどちらもコール

ターンナッツフラッシュを手にする。

チェックチェックにBTNベット→SBオオカワさんダウン→自分3倍レイズBTNコール。

嫌なコールだ、フルハウスはまだできていないと思うがリバー次第ではしんどい。フラッシュを引いた時にボードにペアがあるとやはりフルハウスを警戒してしまう。

リバーラグ、たぶん勝ってるのでバリューベットBTN考えてダウン。もうちょっと小さく打てばよかった。

BTNから6c5cスチール狙いのレイズ。するとSBがコール。SBの人はこの日ずっとコールし続けている典型的なルースパッシブプレイヤー。

フロップ:2dKdKc

SBチェックにCBをうつとSBコール。

これにコールできるのはポケットかKしかないはずだ。フラドロもあるかな?5か6が落ちてもしんどいなぁ・・・。

ターン4d

一応ガットショットになったが相手フラドロならフラッシュ完成だ。SBチェックに自分もチェック。降りない相手には無駄打ちしない。

リバー3h

ランナーランナーストレートを引いてしまった。SBチェックにフラッシュはないだろうとバリューベットを打つとSBコール。自分のハンドを見せるとSBはマック、どんなハンドでコールしてたんだろう・・。

ファイナルテーブルになってスタックは3万ちょい、平均よりは少し多め。

2000-4000の時にSBで79oがくる。

BTNオオカワさんがリンプする。オオカワさんはルースアグレな人なのでこのリンプは弱そうだ、BBはおそらくまだ経験の浅いプレイヤーなのでフロップ見れそうだなと自分もリンプ。

するとBBミニマムレイズ。ミニマム?でも逆に強そうに見える・・・。オオカワさんがコールしたので自分もオッズコール。ポット2.5万ほど。

フロップ78Jレインボー。ボトムヒット&ガットショットを手にした。

チェックするとBBベット1万→オオカワさんダウン。

BBはハイカードのポケットかAQ+だと考えていたのでポケットなら死亡だ。しかしワンヒットガッティでこのビッグポットは捨てづらい。ここでレイズオールインをしようと考えるがフォールドエクイティはかなり小さい気がした。AKでもコールするのではないか。と思ったのでターン開いてからのドンクオールインを選択。何が落ちても放り込むつもり。

ターン4→自分オールイン→BBちょっと考えてコール→BBTJoをショウ。

ぬぬ、TJoでミニマムレイズ・・・。Tが1枚おさえられている上に9が落ちたら相手がストレートになる。アウツはTが2枚と7が2枚のみ、4アウツで約8%、これは終わった。

リバー7

 

神様ありがとうございます。

を発揮してダブルアップしてチップリになる。

その後1500-3000のCOの時にEPとMPからリンパーが2名、どちらもミドルスタック

自分ハンドを見るとTT。TTはリンプ厳禁、かならずアイソレートレイズして人数を減らす)する。

全員降りてスチールでOKのつもりで5万点オールイン。これにコールできるのはAQ+、JJ+だろう。リンパーにそんな手は入っていない!

するとミドルスタックの上に出てたルースパッシブなプレイヤーがBBでコール(オールイン)、予想ガイです。リンパー2名はダウンしてヘッズになる。ヘッズならまあいっか!

BBから出てきたのはA6o、けっこうスタックあるのにあのシチュエーションでA6に命かけるのか・・・。フロップで6が落ちるもその後何もおこらず飛ばしてスタックを増やす。

このルースパッシブなプレイヤーは、AJsでリンプしてマルチウェイポットになり、インポジションでフロップTPTKナッツフラドロになってもベットせずにチェックアラウンド、ターン6で66にセットを作られてチップを減らしたりしてとにかくパッシブだった。ものすごいパッシブ、そしてなんでもコールする。

序盤から中盤で何度か他のプレイヤーがこの人を降ろそうと突っ込んでコールされてチップを持っていかれ、コールだけで中盤までにスタックを増やし続けていたが、やはりルースパッシブだと終盤厳しい。パッシブプレイでブラフキャッチで旨みを味わうとなかなかアグレッシブにギアチェンジできないのかもしれない。というか慣れていないとベットレイズには勇気がいるものなので、なかなか踏み出せないのかも。

その後人数の割にブラインドが高くなり、ショートが続々と飛んで残り3人。

ミドル、ショートを吸収したオオカワさんがチップリで13万、自分8万、3位が3万ほど。

ブラインド4000-8000なので8万あってもけっこうきつい。

BBの時にBTNから3万点オールインに、ハンドを見るとJKs、これは降りない。コール

BTNは55をショウ。勝率はほぼ半々。フロップでJ落ちて勝利しヘッズになる。

現状オオカワさん13万、自分11万で拮抗している。

オオカワさんBTN(SB)からレイズメイク2万にA3でレイズメイク6万するとオオカワさんダウン。

一回スチールに成功するともうスタックは並んだ、ちょっとこちらが多いくらい。

自分BTN(SB)でQdTcレイズメイク2万にオオカワさんかなーり考えてコール

フロップ:Th6hKs

オオカワさんドンクオールイン。

ぐえええええ、オールイン・・・?これ負けたら残り1万だけになる。

しかしKを持っているのだろうか・・・・。

Kがあればプリフロあんなに考えないはずだ、オオカワさんはAやK1枚でヘッズならアグレッシブに攻めてくるプレイヤーなはず。あのコールまでの時間はJ以下にしか見えない。

スーコネで入って6ヒット、もしくはフラドロ、という線も濃厚だがオールインするだろうか?

Tヒットならおそらくキッカーは勝ってる。Kが入っていてあれだけ悩むハンドのレンジはK2~K3ぐらい。それ以外には現状勝ってる!T6なんかでも絶対入ってこない!

コール!!!!!!!

オオカワさんK2をショウ。

ああ、ポーカーの神様はいじわるだ、いやこれは神様関係ない、自分のミスだ・・・。

ターンKでデッドになりスタックのほとんどを持って行かれる。

次のBBでハンド見ずにオールイン、オオカワさんATs、自分は86s、何もおこらず終了。

ということで2位でフィニッシュ。

最後のプレイ、こういうのはかなり引きずる。ショウダウンして勝ってる状態から負けるのはまったく気にならない。なぜならしょうがないから。

しかし今回のは自分が悪い。ミスだ。

終わってから

  • ルースアグレだとしてもK以外で生き死をかけたオールインをするだろうか?
  • スタックは拮抗していたのだから無理はしなくてよかったのでは?

などなど、降りれた根拠がいっぱい頭をよぎる。

不思議なものでプレイ中は勝っている根拠を必死に探し、負けた後は降りれた根拠を必死に探す。

ポーカーの格言ページにもある

『あなたが怖がるほど相手のハンドは強くないし、あなたが期待するほど相手のハンドは弱くない。』

ということなのだろう。あーバッドビートはいいけどバッドコールはだめだ!反省!

コメント 名前とメアドは必須ではありません

Read previous post:
3月12日のゴールドカップ

序盤少し増やして迎えたファイナルテーブル...

Close
タイトルとURLをコピーしました