ハンドランク(役の強さ)

ポーカーに登場する「ワンペア」や「ストレート」といったハンド(役)について解説します。

<広告>

ハイカード

日本では「ぶた」と言われるハンドのことです。このページで紹介されている他のハンドが何も完成していない場合、全てハイカードというハンドとなります。ハイカードも役としてとらえます。


Th3d9cKd2s
※このハンドの呼び方は「キングハイ」。キングが一番ランクの高いハイカード、という意味。

ルールがわからないと難しいので読み飛ばしても問題ない部分
ハイカード同士での強さの優劣は手元にある2枚のホールカードのランクが高い方で勝負することになります。ボードの5枚では、相手のハンドにも入るため、優劣がつけれません。例えばボードTd8c9h2d4s、あなたのホールカードがKc6dの場合、なたのハンドはハイカード「Kハイ(キングハイ)」となります。あなたのハンドは、手元の2枚とボードの5枚を足した、計7 枚のカードの中から、ランクが高い方から5枚抜き出したものになるので、今回の場合はあなたのホールカードからKcボードからTd9h8c、ホールカードのもう 一枚の6dの計5枚があなたのハンドとなります。つまり、相手にA「Aハイ(エースハイ)」を持たれていない限り、勝利となります。しかしもし相手がKhを持っていた場合、両者Kハイとなり、優劣はもう一枚のホールカードでの勝負となります。相手がKhJcを持っていた場合、相手のハンドはランクが強い順に抜き出すと、ホー ルカードのKhJcボードTd9h8cとなり、あなたの6dよりも上のJcが入ったハイカードなので相手の勝利となります。また相手がKh5cの場合、あなたKcTd9h8c6d相手はKhTd9h8c5cの勝負となり、6d5cの差であなたのぎりぎりの勝利です。

また、あなたのホールカードが2c3dで、ボードAdQsTd9h4sの場合、あなたのハンドはホールカードを1枚も使わないAdQsTd9h4sとなります。呼び方は「ボード」です。(ボードの5枚がおれのハンドだ!)

最も強いハイカードは、スーツが揃っていないAKQJ9となります。(Tが入るとストレートになるのでハイカードではありません)

ワンペア

1組の同じランクのカード2枚が入ったハンドで、1つのペアができたという意味です。


ThTcAs7h

ワンペア同士の優劣は、ペアになったカードのランクで決まります。つまり2のワンペアよりも5のワンペアのほうが強いハンドとなります。しかしテキサスホールデムでは、コミュニティカードがあるため、同じペアで勝負することが多々あります。

ルールがわからないと難しいので読み飛ばしても問題ない部分
あなたのハンドがJs3hボード5d8dTdJc9h、相手のハンドがAcJdだった場合、どちらもJのワンペアですが、あなたのハンドはJsJcTd9h8d、相手はJsJcAcTd9hとなり、キッカーの差であなたの負けとなります。

ツーペア

2組の同じランクのカード2枚が入ったハンドで、2つのペアができたという意味です。


ThTc7s7h

ツーペア同士の優劣は、ワンペア同様、ペアになったカードのランクで決まります。Aのペアが入ったツーペアが最も強くなります。上のランクが同じランクだった場合、2組目のペアのランクで勝負します。それもなじだった場合、残り1枚のキッカーでの勝負となります。

ルールがわからないと難しいので読み飛ばしても問題ない部分
あなたのハンドがJs3hボード3c8dTdJc9h、相手のハンドがJd8cだった場合、あなたのハンドはJsJc3h3cの2組のペアに残りの3枚から最もランクの高いTdを加えたJsJc3h3cTdとなります。しかし相手のハンドはJsJc8c8dTdがハンドとなり、上のランクのペアはJで同じですが、もう一組のペアがあなたは3、相手は8なので、あなたの負けとなります。ま た、2枚のペアが、相手とまったく同じ場合もあります。あなたJc8d、相手Js9hボード2d2sJh7d6hの場合、あなたはJcJh2d2s8dがハンドとなり、相手はJsJh2d2s9hがハンドとなります。この場合ペアになっていない残りの1枚(キッカー)で勝負となり、9hをもつ相手の勝ちとなります。しかし、あなたJc3h、相 手Js5cの場合キッカーにはお互いボードにある7dが入るため、引き分けとなります。やはりキッカーの強さは大事ですね。

スリーカード

同一ランクのカードが3枚入ったハンドのこと。海外ではスリーオブアカインド(THREE OF A KIND )と呼び、スリーカードと呼んでいるのは日本だけかもしれません。


ThTcTd7h3c

スリーカード同士の優劣のつけ方は、そのままランクで比較します。3のスリーカードとAのスリーカードでは、Aのほうが上です。同一ランクだった場合、ワンペアやツーペアと同じように、残りの2枚(キッカー)のランクで勝負します。

ルールがわからないと難しいので読み飛ばしても問題ない部分
あなたJh5s、相手4d5cボード5h5d2s7dKcの場合、あなたのハンドは5s5h5dKcJh、相手は5c5h5dKc7dとなり、Jh7dの差であなたの勝利となります。また、スリーカードの作り方には2種類あり、それぞれ呼び方が違います。ボー ドの1組のペアとホールカードの1枚を使ったものはトリップスボードの1枚と、ホールカードのポケットペアを使ったものをセットと呼びます。同じスリー カードですが、セットのほうが、他のプレイヤーと被らない、気づかれにくいなどの利点が多くあり、利益を上げやすいハンドとなります。

ストレート

連続した5枚のランクで作るハンドです。


5s6d7c8s9h

ストレート同士の優劣のつけ方は、ストレートの最も後ろに位置するカードのランクで決まります。5s6d7c8s9hの場合、一番後ろのカードは9hとなり、9ハイストレートと呼びます。最も弱いのは、Ad2h3c4d5sの5ハイストレート、最も強いのはJhQdKcAcのAハイストレートです。Aハイストレートは、Kの次にAがくる ので、知らない人はKからAに戻ってつながる、というふうに勘違いしがちですが、これが可能なのはAハイストレートのみです。JQKA2、といったスト レートはできません。もちろんKA234もできません。

ルールがわからないと難しいので読み飛ばしても問題ない部分
あなたA5、相手57、ボード23A64の場合、あなたのハンドはA2345の5ハイストレートですが、相手は34567の7ハイストレートとなり、あなたの負けとなります。

フラッシュ

同じスーツ5枚で作るハンドです。ハート5枚、スペード5枚、クローバー5枚、ダイヤ5枚のいずれかとなります。カードのランクはなんでもかまいません。


Ah8hKh2h5h

フラッシュ同士の優劣のつけ方は、カードのランクで決定します。上記の例だと、Aの入ったフラッシュとなるのでAハイフラッシュ(ナッツフラッシュ)となり、フラッシュの中では最強となります。

ルールがわからないと難しいので読み飛ばしても問題ない部分
あなたAh2h、相手KhJhボード2s3h9h6cQhの場合、あなたのハンドはAhQh9h3h2hのAハイフラッシュ、相手はKhQhJh9h3hのKハイフラッシュとなり、あなたの勝利です。ま た、あなたのハンドが2h5h、相手が3h4hボードAhKh2s6c9hの場合、お互いAが入ったフラッシュになりますが、カードをランク順に並べたとき、あなたは AhKh9h5h2h相手はAhKh9h4h3hがハンドとなり、差のでる最初カードがあなたは5h、相手は4hなので、あなたの勝ちとなります。ちなみに、ランク順に抜き出したとき、自分も相手もボードに出た5枚の同一スーツのカードが最強ならば、引き分けとなります。フラッシュを持ち合う可能性はかなり高く、Aを持っているかどうかが勝負の分かれ目になることが多々あります。もしAの入ったフラッシュを作ることができれば、ナッツの可能性がかなり高いといえます。

フルハウス

スリーカードとワンペアの組み合わせで作るハンドです。


ThTcTd7h7c

フルハウス同士の優劣のつけ方は、まず3枚揃っているカードのランクで比べ、同じ場合ペアになっているカードのランクを比べて決定します。上記の例は、Tフルハウスと呼びます。

ルールがわからないと難しいので読み飛ばしても問題ない部分
あなたのハンドTd9s、相手9h9dボード3hTh9cTc2hの場合、あなたはTdThTc9s9cのTフルハウスがハンドとなり、相手は9h9d9cThTcの9フルハウスがハンドになります。スリーカード部分で比べると、ランクの高いTフルハウスのあなたの勝利となります。フルハウスを持ち合う可能性は、ボードによって変わります。ボードが2277Tの場合、フルハウスになるにはどんなハンドがあり得るでしょうか?2を1枚もっている、7を1枚を持っている、Tのポケット、このどれかでフルハウスになり、かなり幅広いです。2をもっていて「ベストハンド!」と確信してはいけません、7を持った人 にあっさり負けます。ボードにペアが2つできたときは注意しましょう。

しかし、ボードが2462Tの場合、フルハウスになるには24、26、2T、44、66、TTの6つになり、持ち合う可能性はぐっと下がります。もしTTを持っていれば、最も強いフルハウスになり、ほぼナッツと言えます。(22を持ったクワッズにだけ負けます)

フォーカード(クワッズ)

4枚の同一ランクのカードが入ったハンドです。


ThTcTdTs7c

クワッズ同士の優劣のつけ方は、4枚揃ったカードのランクで比較します。クワッズ同士の戦いというのは極稀に起こります。

ルールがわからないと難しいので読み飛ばしても問題ない部分
あなたTdTh、相手7h7dボード6s7s7cTcTsの場合、あなたはTのクワッズ、相手は7のクワッズで、あなたの勝利となります。テキサスホールデムにおい て、同一ランクのクワッズを持ち合うことはあり得ません。同じランクを誰かと1枚づつ持ち合っていた場合、残りの2枚全てがボードに落ちてもお互いスリーカー ドにしかなりません。あるとすれば、ボードに4枚とも落ちた場合のみです。たとえばボードが44T44の場合、例えTのポケットを持っていてフルハウスに なったとしても、ボードのクワッズのほうが強いので意味がありません。このボードの場合、Aを持った人がナッツとなります。参加者全員4のクワッズなの で、優劣はキッカー勝負になるからです。4444Aというハンドがナッツとなりますので、A1枚を持つだけで最強となります。

ストレートフラッシュ

ストレートとフラッシュが同時に完成した手。つまり、同一スーツで、5枚の連続したランクで作ったハンドとなります。


3s4s5s6s7s

ストレートフラッシュ同士の優劣のつけ方はストレートと同じです。

ルールがわからないと難しいので読み飛ばしても問題ない部分
ストレートフラッシュを持ち合うというのは中々ありませんが、ボード6d7d8d2s9dなどの場合、5dTdのどちらかを持っているだけでいいので、持ち合う可能性は上がります。

ロイヤルストレートフラッシュ

同一スーツでAハイストレートを作ったハンド。要は、最も強いストレートフラッシュです。最強のストレートフラッシュをロイヤルストレートフラッシュと呼んでいますが、厳密にはストレートフラッシュとロイヤルストレートフラッシュに差はありません。どちらもクワッズよりも強く、これより上の強い役は存在しないため、単に最上級の役であり、その中でも一番強いのがAハイストレートフラッシュである、ロイヤルストレートフラッシュなだけです。


TsJsQsKsAs

60万ハンドに1度の確率で完成すると言われています。

クワッズと同じく、ロイヤルを持ち合うことはあり得ません。あるとすればボードで完成した場合のみです。

ロイヤルは、あまり大きく稼げるハンドとは言えません。文句なしのナッツ、最強のハンドなので100%勝利することができますが、このハンドが完成する場合、ボードが非常に危険なオーラを発するので、相手が勝負にのってこないのです。

ルールがわからないと難しいので読み飛ばしても問題ない部分
例えばあなたがAsTsボードKs8d2cJsQsだとします。ボードにスペードが3枚あるため、プレイヤーは通常フラッシュを警戒します。相手にフラッシュが入っていたとして も、9を持ったフラッシュが限度です(それより上はあなたが持つかボードに出ている)。そのため、あなたのベットには警戒してダウンしてしまいます。ただし、あなたがAsTsボードKs8d8hJsQsで、相手が8s8cでクワッズの場合、ほぼ100%相手のチップを全て手に入れることができるしょう。KK、QQ、 JJ、のフルハウスを作っていた場合でも、大きな利益を得ることができるでしょう。逆にいうと、そういった大きな手とぶつからない限り、大きな利益にするのは難しいかもしれません。

役を覚えたら、テキサスホールデムの基本的なルールを覚えましょう。
以下のページにクリックして進んでください。
>>テキサスホールデムの基本ルール

このカテゴリの他の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す