日本で多分一番詳しいWSOPの歩き方その2〜ブレスレットイベント以外イベン

第二回はブレスレットイベント以外のイベントについて紹介しておきましょう。

WSOPサイトのスケジュールで目立つのは$1000や$1500といったブレスレットがかかったイベントが目を引きますが、実はWSOPはそれ以外にもデイリーイベントがあります。

<広告>
  1. SingleTable Satellite
    簡単に言ってしまえばSit&Goトーナメントです。バイイン額はまちまちで$125から$1000オーバまで様々ですので、レベルと手持ち資金と相談して参加しましょう。
    場所はPavilionの正面入口すぐにシートカードとテーブルのバイイン額が書かれた箱がありますので、自分が出たいトーナメントのシートカードを取り、支払いを行います。
    その後、receipt2枚受け取りディーラーに本人確認をし、一定人数が集まった時点でゲームスタートとなります。
    プライズはバイイン額でまちまちなのですが、1位のみもしくは1位と2位にバイイン額に相当するキャッシュと、イベント参加のためのチップが渡されます、 チップは1枚$500のイベント参加割引と思えば良いです。$125の場合はチップは2枚もらえましたので、$1000のイベントを1回無料で参加できるという仕組みです。上のバイイン額になればなるほどプライズも大きくなります。
    ただ、どのテーブルも最終まで決めず、プレイヤー間でディールし、だいたいチップ数に応じたプライズを山分けするケースが多いようです。ボクも実際$175でディールを行い50-50で山分けしました。
    このイベントは24時間何か行われていますので、ここで稼いでメインイベントのイスをゲットするということも決して不可能では無いです。
    また、地元の若者がココで勝って、チップを現金化する、なんていう光景も散見しますw
  2. Mega Satellite
    先ほどのSingle Table Satelliteともう一つのサテライトイベントであるMega Sstelliteというのも存在します。
    こっちはSit & Goではなく、通常のトーナメントとなります。
    Mega Satelliteは基本的には1日3回 09:00 16:00 19:00の3回で、それぞれバイイン額と手持ちチップ・ストラクチャーが異なります。
    なお、このプライズは一部を除いてメインイベントのイスがかかっています。
  3. Daily Deep Stack Tonament
    その名の通り、ディープスタックトーナメントです。ボクが一番参加しているイベントですw
    これも1日3回 14:00 18:00 22:00の3回行われていて、それぞれバイイン額とスタートのチップ額が異なります。(ストラクチャーは同じようです)
    優勝者はだいたい$10000超えの賞金が得られます。
    ただ、このイベント、状況にもよりますが、決着がつくのが翌日の朝で、かなり忍耐が必要なトーナメントになるようです。

この3つのトーナメントの支払いは、その1に紹介した登録窓口でも良いのですが、基本的にはYellowゾーンの後ろの窓口で支払は行います。

このカテゴリの他の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す