スロープレイ

スロープレイとは、そのまま直訳のとおり、ゆっくりプレイすることです。

<広告>
非常に強いハンドを持っている状態で、チェックコールを多用して、相手をすぐに降ろさずに、ゆっくりフロップ、ターンリバーをプレイし、相手に可能なかぎりチップを出させ、利益を最大化するようなプレイのことを指します。

一般的にはスロープレイは、相手に(ドローを引かれて)逆転される余地を作ることになるため、あまり推奨されるプレイではありません。しかし、逆転されることがまずありえない、ナッツを持つ場合のみ、正しいプレイと言えます。(ただし、本当にスロープレイが最も利益を生むのか検討すべきです。アグレッシブなほうが利益をうむこともあります。)

では以下のような例を見てみましょう。

全員100ドル持ち、あなたはBTNでKKが配られました。

MPが6ドル(3BB)にレイズし、他は全員フォールドしてあなたの番です。

ここでリレイズして全員降ろしてしまうのはスロープレイではありません。

このままコールしてもヘッズアップになりそうなため、あなたはコールし、ポットを大きくしようと
考えます。あなたコール、SBとBBフォルド、ヘッズアップになりました。ポットは15ドルです。

フロップKdQs3c

MP10ドルベット

あなたはKのトップセットを手にしました。現状ナッツです。

レイズすることも可能ですが、もっとたくさんチップを吐き出させるために、コールします。
ポットは35ドルになっています。

ターン5h

MP20ドルベット

あなたのKのセットは現在もナッツです。スロープレイを続けるあなたはコールします。
ポットは75ドルになりました。

リバー9c

MP30ドルベット

 

ポットは105ドルになりました。
あなたのKのセットは、JTを持つストレートの次に強いセカンドナッツになってしまいました。

さて、ここから先に考えられるシナリオを全て書き出してみましょう。
レイズはオールインとしました)

  1. フォールドして負ける
  2. コールして勝つ
  3. コールして負ける
  4. レイズオールインして降ろして勝つ
  5. レイズオールインしてコールされて勝つ
  6. レイズオールインしてコールされて負ける

結果的に勝てばスロープレイ成功ですし、負ければスロープレイ失敗です。

相手がJTではないという確信があるのならレイズが正解ですし、JTの可能性があるのならコールが正解だと思います。ナッツでなくなった以上、ここはコールしてショーダウンするのが無難な選択です。

JTを持っていると確信を持ち、フォールドできるプレイヤーはいるでしょうか・・・。

このように、スロープレイポットを大きくし、利益を大きくすることが可能ですが、それ相応のリスクを負います。

スロープレイで大事故にあい、もう二度とスロープレイはしない!と思っていてもまたやってしまう、そういうプレイヤーは多いのではないでしょうか。

余談となりますが、上に書きだした6つの選択肢のうち、実際には消去法でいくつかが消えます。

まず、相手はリバーでの30ドルベットによって手元には残り34ドルになっています。あなたの手元は64ドルです。

あなたがレイズオールインをした場合、相手に与えるオッズは、残り34ドルを出して203ドルをとりにいくため、約6倍となり、16%の勝率さえあればコールするのが合理的となります。つまり、ピュアブラフで無い限りコールしてくるでしょう。このように、なんでもコールするのが正しいという状況を「コミットしている」と言います。

また、あなたにも現在30ドルを出して135ドルを取りに行くオッズ=4.5倍=22%の勝率でコールが正当化されますから、セカンドナッツを持つあなたはあなたがフォールドするのは相手がJTだと確信を持てない以上選択肢に入らないので除外します。

ということで、ありえるパターン

2.コールして勝つ
3.コールして負ける
5.レイズオールインしてコールされて勝つ
6.レイズオールインしてコールされて負ける

のいずれかになります。どちらにしろ、相手がJTを持っているかどうかが問題です。

このカテゴリの他の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す