スターティングハンド

テキサスホールデムは、最初に配られる2枚のホールカードを「スターティングハンド」と呼びます。この2枚だけの時点でベッティングラウンド(プリフロップ)が存在し、その2枚でプレイをするのかしないのかを選択しなければなりません。

<広告>

大きく分けてスターティングハンドは2種類に分類されます。同一ランクのカードが2枚くるポケットペアとそれ以外の組み合わせです。ポケットペアは22~AAまで13種類あり、ポケットペアになる確率は6%あります。

ポケットペアは、プリフロップの時点でワンペア以上が確定していることになり、非常によいスターティングハンドです。もちろん22の最弱ペアとAAの最強のペアとでは大きな差があります。

スターティングハンドはポケットペアのように、それだけで強いものもあれば、フロップ以降に強くなる可能性を秘めたもの、また、少人数では強いが、大人数では弱いもの、逆に少人数では弱いが大人数で威力を発揮するものなど、シチュエーションによって様々な評価が存在します。

ポケットペア

QhQs

2枚の同一ランクのカードの組み合わせです。22が最も弱くAAが最も強い組み合わせで、AAは全スターティングハンドの中で最強のスターティングハンドです。Aポケットは1対1のヘッズアップの場合、相手をランダムハンドとすると実に85%の勝率があります。2のポケットペアでも50%あります。このことから、ポケッペアを持ち、相手が一人の場合、最低でも50%以上の勝率があることになります。ただしこの数値は相手をランダムハンドとした場合なので、もし相手が自分よりもランクの高いポケットペアを持っていた場合、逆に勝率は著しく下がります。自分が2のポケットペア、相手が3のポケットペアの場合、勝てる見込みはボードに2が出て3がでない場合など、かなり限られた状況になり、勝率は17%程度まで下がります。ポケットペアが強いのは「相手がポケットペアでない場合」だということに注意してください。そういった意味で、ランクの高いカードのポケットは、相手に自分より上のポケットを持たれている可能性も低いため、非常に強いスターティングハンドとなります。

コネクター

8c9d

54やJTなどランクが続きになっている組み合わせで、ストレートになりやすいハンドです。32もコネクターですが、ストレートになるために必要なカードが少ないため、コネクターと言わないプロも存在します。つまり89を持っていた場合、ストレートを作るためには「56789TJQ」の8枚の中で連続した5枚を作ればいいのに対し、23の場合「A23456」の6枚の中で連続した5枚を作る必要があり、ストレートを実現するためのカードがボードに出る可能性が若干少なくなります。A2は、ストレートを作るためには345の3枚が必ず必要ですし、KQなども23と同じく可能性は少なくなりますが、A2もKQはAやKといったランクの高いカードが含まれており、それだけでもAのワンペアやKのワンペアなど、戦えるハンドになる可能性を秘めており、23などより強い(戦いやすい)と言えます。

スーテッド

2dKd

ハート2枚やクラブ2枚など、同じスーツの2枚の組み合わせで、フラッシュになりやすいハンドです。しかし、スターティングハンドの勝率を見るとわかりますが、オフスーツスーテッドの勝率の差は2~3%程度しかありません。27oが27sになることによって劇的に強くなるわけではないので、スーテッドを過信しすぎないようにしましょう。

スーテッドコネクター

4s5s

54やJTなど連続したランクで、スーツも同じ組み合わせです。ストレートとフラッシュのどちらにもなりやすいハンドです。ヘッズアップでAAやKKと対決して最も勝率がよいのは中程度のランクのスーテッドコネクターです。(といっても勝率23%程度です)ストレートやフラッシュなど強いハンドを作って、大きなポットを獲得しやすいため、投機的なハンドと言われることもあります。もちろん、そんなに頻繁にフラッシュやストレートを作れるわけではありません。

スーテッドギャッパー

7h9s

64やJ9のように、ランクが間の空いている組み合わせです。64のように1つ空いている場合をワンギャッパー、J8のように2つ空いている場合をツーギャッパーと呼びます。J7のように3つ空いている場合、スリーギャッパーと言いますが、あまり耳にしません。スリーギャッパーまでは、ストレートを作る際ホールカードの2枚とも使用することができます(J7を持ち、ボードに89Tが出るなど)。一つ空いていると強くなさそうな印象ですが、ハンドの強さとしては97sと87sは同程度と考えて問題ありません。(対ランダムハンドでの勝率はほぼ同じです)ギャッパーの良い所は、ストレートを完成させた時に、相手に悟られにくいという点です。

プレミアハンド

AsAh

AA、KK、QQ、JJ、TT、AKs、AKo、AQs、AQの上位ハンドのことです。中でもAA、KKの2種類だけをプレミアハンドとする人もいます。これらのスターティングハンドが来た場合、一般的にはプリフロップの時点で最強の可能性が非常に高いため、レイズから入るのが一般的です。事前にレイズがあってもリレイズできます。リリレイズができるのはAAかKKで、それ以外のプレミアハンドの場合、状況によります。

以上が代表的なスターティングハンドの呼称です。

このカテゴリの他の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す