日本で多分いちばん詳しいWSOPの歩き方その3~入賞した時


日本のトーナメントでは、入賞というイメージはそう大きくは無いかもしれませんが、WSOPにかぎらず、海外のトーナメントで入賞するというのは大きいことです。入賞しますと最低でもBuy-Inした同額は必ずもらえる事が多いです。

また、なによりインマネー達成は規模の大小にかかわらずポーカープレイヤーの第1ハードルとして良い励みになるのではないでしょうか。

<広告>
で、本題

WSOPで入賞。つまりインマネーしたときどうなり、したあとの処理はどうしたら良いんでしょうか?(他のトーナメントでもおなじかと思いますが、ボクが他の大会を知らないのでなんともいえませんw)

入賞の瞬間。。。

まず、参加人数が確定された(エントリー窓口が閉められた)時点で、そのトーナメントのマネー額と入賞できる順位が決定します。

そこからしばらくゲームは当然続きます。。そして、インマネーできる順位と同じ残り人数になった瞬間、各テーブルのゲームは一時中断をトーナメントディレクターから指示されます。中断したテーブルの各ディーラーは立ち上がり、ゲームが中断しているという事を証明します。

その間、プレイヤーは席を立ったり、携帯電話をいじったりすることをトーナメントディレクターから厳しく禁止されます。指示に従わない場合は不正行為としてみなされ退場ということもあるそうです。

すべてのテーブルがゲーム中断した時点で、トーナメントディレクターから英語で、お祝いの言葉や、今後の動きなどが英語でアナウンスされます。(すみません内容はわかりません(汗))これが入賞の瞬間です。この瞬間はプレイヤー同士で入賞を讃え合い、拍手が起こります。その後、ゲーム再開となります。

順位確定。。

ゲーム自体は今までとなんらかわりありませんが、Bust時にディーラーは「Seat Open(テーブル番号)!」といっていたものから「Pay Out(テーブル番号)!」という言葉に変わっています。Seat Openの時点は自由にその場を立ち去るのですが、入賞した場合は立ち上がってそのまま少し待ちます。

少し待つとトーナメントディレクターから上のような紙切れを1枚もらいます。これが順位確定の瞬間です。紙の色はトーナメントごとに何種類かあるようです。

この紙切れをもらったら、Total Reward Cardと一緒にトーナメントの管理テーブルが端のほうにあるので、そこに持っていって、データ入力してもらいます。

マネーをいただきに

データ入力が完了したら、PayOutデスクに行きます。PayOutデスクはTonament Registrationデスクの更に奥のドアになります。部屋自体は同じようですが、WSOPの便宜上、間仕切りがなされています。

そこで、Total Reward Cardとパスポートを提出し本人確認を行います。この時の払い出しは現金かRioのカジノチップのどちらかが選択できます。高額になる場合でそれを元手にメインイベントなどに出ようと考えている場合は、一旦チップでもらったほうが良いかもしれません。

その後、書類が作成され、サインを求められますので、サインを行ったら、払い出し窓口に誘導され、インマネーが完了します。

初心者〜中級者の皆さん。海外に出てインマネーしましょう!

 

 

このカテゴリの他の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事には1件のコメントがあります

  1. 匿名

    on 2012年7月19日 at 7:49 PM - 返信


    税金などについて教えて欲しいです

コメントを残す