【投票NO.2】トーナメント序盤でのBTNのAK

この設定は実際にあったシチュエーションです。記憶があやふやなのでところどころ違うかもしれませんがほぼノンフィクションです(管理人の経験ではありません)。

<広告>

トーナメントの設定

JPT予選、30人参加で3テーブルでスタート。開始スタック10000。15分でラウンドアップ。ストラクチャーは25-50から開始し、緩やかに上がっていく。リバイアドオン無し。2位までファイナルテーブルへの参加権利を手に入れる。

現状

現在全員残っており、ブラインドはSB100-BB200-Ante0。あなたのスタックは9000、テーブル全員まだあまりスタックは移動していない(平均1万)。

配られたハンド

AhKh

投票アクションまでの流れ

UTGリンプイン→MP3がコール(それ以外はフォールド)→BTNのあなたはレイズ3BB →SBとBBはフォールドUTGレイズ9BB→MP3フォールドBTNのあなたはコール

ポットは4100、あなたの残りスタックは7200、UTGの残りスタックは8400。

フロップ
3sKc9h

UTGチェック→そしてあなたのアクションです。

選んだ理由など、下のコメント欄に是非コメントください~。

※この投票の考察はこちら。

このカテゴリの他の記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事には10件のコメントがあります

  1. tanabe

    on 2011年10月30日 at 11:29 PM - 返信


    リンプリレイズからフロップチェック、が気になります。ほぼモンスターハンドで、相手QQ以外にはよくて引き分け。
    早飛びしたくないし相手がチェックしてきたのをこれ幸いに、ポットを小さく保ち相手AKを祈ってパッシブにショウダウンまで持っていきたいと思います。

    • 名無し

      on 2016年8月2日 at 2:25 AM - 返信


      だったらコールしなきゃいいじゃん

  2. 名無し

    on 2011年11月13日 at 7:41 AM - 返信


    もちろん、相手AA,KKの可能性もかなりある。ただウィナーテイクオールに近い二位までしか意味ないプライズストラクチャーだし序盤だし(序盤で大きくスタックを築いてその後を楽に戦いたい)すべてのトナメで優勝出来るわけじゃないんだから、ここはリスクを負ってアグレッシブにプレイしたい。ってことでハーフベットでオールインをかぶせられても受ける。

  3. ピウス君信者

    on 2013年5月16日 at 3:55 PM - 返信


    AKはクソハンドと私は認識しています(もちろんトナメ終盤では重宝しますが)
    せいぜいできてワンペアで中々ストレートも見込めず
    フラッシュくらいしか狙えない。
    アグレッシブに動きにくいハンドと思います。

    AKがサイッキョに強いのはパッシブに動く時だと思います。
    AJやAQなどのハンドと小さなポットを奪う時に
    「これはAK以外には負けないぞ」という場面で真価が出ると思います
    まさかこんなパッシブなAKを相手は予測しづらいもの。

    回答としてはおかしいかもしれませんが私ならリンプインを選択し
    ポットが大きくなるようならハンドを捨てます。
    AKのワンペアは39のツーペアにすら負けるのですから、
    AKでそこまで攻めるなら39のツーペアはもっとアグレッシブということになってしまいます。

    というのは私の回答です。
    ピウス君ならなんて答えるでしょうかね…

  4. 名無し

    on 2015年1月15日 at 9:18 PM - 返信


    ここでレイズできなければそもそもコールすべきではない気が

  5. 名無し

    on 2015年2月18日 at 11:46 PM - 返信


    AKを持っている状態でAAとKKはそれぞれAとKの残り枚数が3枚ずつだから3通りずつ。
    3Betを打ってきそうなのはかなりタイトなレンジでもJJ+,AKくらいだと考えて
    JJ,QQ 6通りずつ
    AA,KK 3通りずつ
    AK 9通り
    と考えて全部で27通り、でそのうち6通りに負けていると考えます。
    これは最初に言ったとおりタイトに考えてですから実際は負けている確率はもっと下と考えて、最高でも3割のハンドにしか負けていないと思います。で、フラッシュドロー、ストレートドローはない。
    QQ,JJにプレッシャーを与えるとともに、相手のレンジを絞るためにも打ったほうがいいのではないかと

    • 名無し

      on 2015年2月19日 at 12:43 AM - 返信


      すいません、Kはもう一枚見えてるのでKKは1通りしかありませんね

  6. crazyDaisy

    on 2015年8月19日 at 4:11 AM - 返信


    相手KKでセットの可能性を探るために、2000打ち
    1.リレイズ→フォールド
    2.コール→AAの可能性を頭にいれながらプレイ

  7. ダルビッシュ

    on 2015年8月27日 at 3:43 PM - 返信


    3betにコールした時点でSPR1.8
    このSPRでフラッシュやストレート狙いは間違ったプレイなのでない.
    つまりTPTKで勝ちに行っているコールと解釈できる為,「相手のAA,KKはない」とリーディングし決め打った上でプリフロップでコールしている.(それが正しいかは置いておいて)
    ここでチェックやターン以降でフォールドするならそもそもプリフロップでミスしてると思う.

    AA,KKを考慮しない以上
    1. 22, 44~88, TT~QQ, QJs, JTs, AQ
    これらはいくら打っても降りられる

    2. KQs
    3bet想定レンジ内で唯一バリューがある

    3. 33, 99
    あと1000打ってコミットした段階でオールイン要求される

    と考えると1. に降りてもらうことと2. から最大限引き出す為にオールインを選ぶ.

  8. hirokidayo

    on 2016年4月1日 at 12:51 PM - 返信


    ポットに対する自分のスタックを考えたらオールインまで行くべきだと思います。相手がAA,KK,AKならどうせオールインまで行くのでポットコントロールをする意味はないです。フロップで打たなくてもオールインまで行けるサイズですし、ドローもないのでチェックしてAQなどからターン以降でのブラフを誘うのが良いと思います。ターンでチェックされたら打ちます。打たれても降りません。

コメントを残す